給料日、さあ、どうする?

毎月の楽しみと言えば給料日!もらったお金、あなたは堅実に貯金する派ですか?それともパーッと使い切る派でしょうか?

avatar
僕は気づいたら給料日前にお金がなくなっている派。
きっと諭吉さん(一万円札)には羽が生えているんですよ(涙)
avatar
若いうちはあまり収入が高くないので、気づけばお金がない!という状況になりがちですよね。
私もお金なかったな〜
avatar
特に欲しいものがあるわけではないけれど、貯金しないで本当にいいのかな……。
どうしたらいいか、教えてください!

そこでこの記事では、貯金に関する基礎知識や、新社会人や20代でも取り組みやすい貯金法について解説します。かなり基本的な内容ですので、「貯金なんて面倒っしょ」というそこのあなたも、ぜひ参考にしてくださいね!

厳しい現実。20代の約45%は「貯金ゼロ」

20代の約45%は「貯金ゼロ」

そもそも、20代の皆はどれくらい収入があるのでしょうか?

統計データによると、20代の平均年収は376.1万円(厚生労働省「国民生活基礎調査の概況」平成30年)。ボーナスを考えずに12ヶ月で割ると、ひと月当たり31.3万円になります。

この収入の中から、20代はいくら貯金しているのか。知るぽると(金融広報中央委員会)「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査] (平成30年)」によると、次のような結果になりました。

貯金(金融資産)が・・・
 ある20代 → 54.6%
 ない20代 → 45.4%

約45%の人が貯金できていない、という厳しい現実!「気づいたらお金がない」「貯金する余裕がない」という人は、予想以上に多いのが分かります。

ちなみに、30代の平均年収は574.1万円。30代で貯蓄できていない人の割合は39.7%でした。20代よりは貯蓄率が高まりますね。

次に、貯金のある人はどのくらいのお金を貯めているのかというと、一番多かったのは「100万円未満」で49.6%、次が「100万円〜200万円未満」で18.7%。約半数の人が100万円未満と、あまり多くの貯金はできていないようですね

● 20代の金融資産保有額(金融資産保有世帯のみ)
貯金額

割合(無回答を除く)

100万円未満

49.6%
100万円〜200万円未満

18.7%
200万円〜300万円未満

7.6%
300万円〜400万円未満

7.6%
400万円〜500万円未満

2.0%
500万円〜700万円未満

4.2%
700万円〜

5.4%

ちなみに私の銀行時代の初任給は、大学卒で約20万円ほど。当時は実家だったので少し貯金できたものの、3年目に一人暮らしを始めたら一気に赤字になりました。

「若いうちは遊んでおけ」と先輩に言われましたが、「遊ぶ金なんかどこにもないわ!」という状況でした(笑)。

お金が増えにくいのは金利が低いから。低金利時代の日本

低金利時代の日本

「銀行にお金を預けても増えない」という話を聞いたことはありませんか?これも、貯金する人が減っている一因かもしれません。

ご存知の通り、日本はここ数十年ほど「不況・不景気」と言われています。きっかけは1991年〜1993年ごろの「バブル崩壊」による経済の急速な冷え込み。それ以降、景気の低迷が長らく続いている状態です。

景気の良さを表すひとつの指標が「長期金利」。日本の長期金利は、長らく5%〜7%程度、非常に景気のよかったバブル期には、8%〜9%という高い金利で推移していました。

しかしバブル崩壊後は1~2%程度に落ち込み、最近は0%やマイナス0.75%程度という「ゼロ金利時代」が続いています。

「72の法則」というものがあります。これはお金が2倍になる期間がわかる簡単な計算式で、「72 ÷ 金利」でお金が2倍にある期間が計算できます。

例えば金利が7%のとき、お金が2倍になる期間は約10.2年です。だから好景気の時代には、銀行の定期預金を作成しておけば、勝手にお金が増えてくれたんですね。

しかし金利が1%に満たない今の時代。ただお金を預けておくだけでは、貯金はほとんど増えません。そして経済の冷え込みも長期化しているので、平均収入もなかなか大きく上がらないという状況になっています。

avatar
貯金ができなくて当たり前、という状況なんですね……。
avatar
そうなのよ〜。とは言え、お金で解決できることはたくさんあるし、お金に困る事態はなるべく避けたいですよね。

今日からできる! 20代におすすめの貯金の手順

 20代におすすめの貯金の手順


前置きが長くなってしまいましたが、具体的な貯金の手順について解説します。まずはじめに、一番大切なことを伝えます!それは……

「一刻も早く貯金をスタートすること!」

悩んだり検討したりしていてもお金は増えません。その時間があるなら、一刻も早く貯金を始めるべき!その上で、より効率的に貯金をするためには、以下の手順で進めるのがおすすめですよ。

【手順 1 】 貯金の目標額を決める

貯金の目標額を決める

よく相談される内容に「毎月いくら貯金したらいいですか?」という質問があるのですが、「貯金すべき金額は個人によって異なるので、一概には言えません」というのが正確な回答になってしまいます。

avatar
そんな堅苦しいことを言わずに!目安くらい教えてくださいよ!

そう、貯金の目安がほしいですよね。だから始めに取り組むことは、その目安となる貯金の目標額を自分で決めることです。決め方は2種類あります。

1つ目は、欲しいものや叶えたいことに必要な金額を洗い出す方法です。よくある例は次の通りです。

「海外旅行に行きたい!」
ヨーロッパ旅行の目安 → 20万円〜60万円程度

「結婚費用を貯めたい!」
結婚式にかかる費用の平均 → 約350万円
新婚旅行や新生活にかかる費用まで含めた金額の平均 → 約660万円

「マイホームが欲しい!」
4000万円の家を購入するための頭金(約2割)として → 約800万円

必要な金額がわかったら、その金額を何年間、もしくは何ヶ月間で貯めるかを決めます。そうすると、今から貯めるべき金額がはっきりするでしょう

「特に欲しいものはないけれど、なんとなく貯金しといた方がいいかなって思って……。」という方におすすめの2つ目の方法は、毎月貯める金額を決めること

「ひとまず毎月2万円貯めよう!」という決め方で結構です。大切なのは、目標を決めること。そして、早く貯金を始めることですから!

【手順 2】 毎月の固定費・流動費を見直す

貯金の目標額を定めたら、次は毎月の家計を見直しましょう。毎月なんとなくお金が消えている原因は、「何にいくら払っているのか」が分からないから。だから、使ったお金を費用ごとに書き出して、自分に何にどれくらいお金を使っているのか認識しましょう。

書き出したら、毎月定期的に出費する家賃や光熱費、スマホ代などの「固定費」と、金額が変動しやすい食費や交際費などの「流動費」に分けます。

そして、固定費→流動費の順に、削減できるところが無いかチェック!

固定費は定期的にかかるお金なので、一度削減できればこの先もずっと出費を抑えられます。だから固定費の見直しを優先しましょう。

光熱費が高いなら、電気とガスの支払いをまとめて割引を受ける、スマホ代が高いなら格安スマホに変える、などの方法がありますよ。

流動費のうち、交際費や趣味のお金を大幅に減らすと、ストレスが貯まって貯金が続かない可能性大。あまりに大きな出費でなければ、減らさなくていいと思います。

毎月の固定費・流動費を見直す

【手順 3 】 給料をもらったら、まず貯金額を差し引く

貯金しようと思っても、給料日前にお金が足りなくなって結局貯金できなかった、という人は多いかもしれません。お金って、あるとつい使っちゃうんですよね(笑)。

なので、給料をもらったら、貯金するお金を真っ先に差し引きます! そして残ったお金で生活しましょう。このルールを守れば、確実にお金を蓄えられます。

給料からお金を差し引く方法はいくつかありますので、取り組みやすい方法を採用してください

● 貯蓄用の銀行口座を作り、給与振込口座から自動的に振込むよう設定する

● 積立型の定期預金や、積立NISAなどを始める

● 会社の財形貯蓄制度を利用する

ちなみに私は、社会人3年目に一人暮らしをしてから家計が赤字になったので、光熱費・通信費を見直し、浪費していた交遊費・服飾費を削減。

会社の財形貯蓄制度を利用して、給料とボーナスからお金を天引きし、その後の一年間で貯金を50万円作りました。水のように飲んでいたビール代と、着ないままタンスの肥やしになっていた洋服代が、見事まとまったお金に(笑)。

この貯金をさらに増やそうと思ったら、資産運用をする手もあります。初心者でも取り組みやすいのは、積立型の投資信託です。毎月少額を購入することで値動きの幅が抑えられて、じわじわとお金を増やしやすいのがメリットです。詳しくはまたご紹介しますね。

まとめ:貯金は簡単!さっそくスタートしよう

avatar
貯金の手順、かなり簡単、というか当たり前の内容(笑)
でも実行してこなかった自分がここにいる……。
avatar
計画的に貯金している人は、あまり多くない気がします。
もし毎月2万円の貯金でも、1年で24万円、5年で120万円とまとまった金額になるので、まずは貯金を始めてみてほしいですね。

今回は、貯金に関する基礎的な知識や貯金方法について解説しました。絶対に貯金すべきとは言いませんし、お金を使って何かに投資をすることも大切でしょう。

しかし、将来のために少しでも蓄えが欲しければ、まずは貯金をスタートすることをおすすめします。給料をもらったらまず貯金額を差し引くことが、最大のポイントです。ぜひ一度試してみてくださいね。

金原歩さん連載記事


新社会人に贈る、貯金力UP講座

この記事を書いたひと


※こちらの記事の内容は原稿作成時のものです。
最新の情報と一部異なる場合がありますのでご了承ください。