こんにちは。

トレジャー・ファクトリー人材開発室 採用グループの杉之原と申します。

今回はトレジャー・ファクトリーという会社について、採用担当としてではなく私個人として感じていることをありのままに書いてみようかと思います。

就活をしていた時、そして今はどう感じているのかを紹介します。

まずは自己紹介。

人材開発室 採用グループ長
杉之原創紀
2011年新卒入社 32歳

総合事業トレジャーファクトリーの店舗で3年半勤務し、その後人材開発室に異動し採用の仕事を担当。趣味は社会人からはじめたアウトドアで、登山やキャンプなどをやってます。

なぜトレジャー・ファクトリーを入社先に選んだのか?

なぜトレジャー・ファクトリーを入社先に選んだのか
はじめての配属先の南大沢店。これ、全部リユース品なんですよ

大学生の時に焼肉屋で1年、大手総合スーパーの服飾売場で3年アルバイトして、接客の面白さ、やりがいを感じていたので就職活動も接客ができる小売業界をメインに見ていました。結構ありがちな志望動機です。

実ははじめからトレジャー・ファクトリーの志望度が高かった、というわけではありませんでした。

就活をしていると、どの企業も接客・販売のやりがいや面白さなどを伝えてはいましたが、販売員以外のキャリアについてはあまり伝えていなかった印象が強かったです。そしていつからか、5年も10年も販売だけやるのは嫌だなと思うようになってました。

色々考える中で、接客もやりたいけど、他の仕事も経験できて、様々なスキルが身に付けられるようになりたいと少し考えが変わりました。

わがままですね笑

そして、せっかく入社するならその会社に貢献したいとも考えましたし、将来的には企業に不可欠な人材になりたいとも思うようになっていました。就活をしながら自分の方向性が少しずつ固まっていったんですよね。

そう考えるとトレジャー・ファクトリーは非常に私の就活の軸と合っていました。

リユースのビジネスは自分たちで売る品物を買取していくため、販売だけでなくバイヤーとしての目利きのスキルも身につきます。また会社としても店舗への多くの権限を移譲していたため、店舗で働きながらディスプレイや数値分析などのスキルも身につくことも魅力でした。

さらに会社としては創業以来業績を上げ続けており、リユース業界も成長し続けていたため、非常に将来性を感じていました。

気づいたら

「トレジャー・ファクトリーに入社してこの会社をもっと大きくしたい!」

そんな風に思うようになっていました。

これが私の当社を選んだ理由です。

今のトレジャー・ファクトリーはどんな会社なのか
サイコロのロゴ、一度は見たことありませんか?

今のトレジャー・ファクトリーはどんな会社なのか?

私が就活をしていた時のトレジャー・ファクトリーから今のトレジャー・ファクトリーは大きく変わりました。

当時、店舗数としては52店舗ほどだったのに、2019年2月期では185店舗になり、売上も63億円から177億円に急成長しました。

さらに就活時の会社は総合業態、スタイル業態の店舗を運営する会社でしたが、現在では8種類の店舗を運営するだけでなく、ECはもちろん、引越やレンタルなど幅広く事業を展開しています。

正直、入社時にはここまで幅広い事業を展開するとは想像もしていませんでした。年々、企業という器が広がっていると実感しています。

なぜここまでトレジャー・ファクトリーが幅広く事業を展開し、成長し続けられるのかというと、世の中の変化に合わせ、お客様のニーズをうまくくみ取っているからなのではないかと思います。

例えば、古着やスポーツの中古品のニーズをとらえ、「トレファクスタイル」や「トレファクスポーツ」という業態を開発したり、引越時に出てくるいらないものを引越と同時に買取をする「トレファク引越」というサービスを生み出したり、ドレスレンタルを始めたりと、お客様の潜在的なニーズを当社の新たなサービスで解決し続けているため、企業を成長させ続けられているのです。

新しい取り組みや既存のものの変化がトレジャー・ファクトリーの強みかと思います。

今後のトレジャー・ファクトリーはどうなっていく?

業界も企業も発展段階なのでまだまだ伸びしろがあると思っています。リユースといっても幅が広いですし、レンタルもいろいろなアイテムに応用できる。

となると例えばですが、不動産や車の売買や賃貸、インテリアのレンタルなどを取り組むと、新生活にかかわるサービスはすべてトレジャー・ファクトリーで実現ができます。

今までは賃貸は不動産屋へ行き、引越業者に連絡し、新しい家具や家電は専門店で買い物をする。非常に手間ですよね。将来的にはこれをすべてトレジャー・ファクトリーのサービスで解決できるようになるかもしれません。

「新生活、まるっとトレジャー・ファクトリーにお任せ!」

そんな未来もあり得るかもしれませんね。

これらはもちろん私の想像ですが、それくらいトレジャー・ファクトリーは可能性を秘めています。入社した時にはお店を運営している企業でしたが、今ではお店以外にも様々なサービスを展開し始め、将来的には生活に密着した企業になるんじゃないかと思います。

私の妄想が入っている部分が多々ありますがそんな企業を作っていくために、今後のトレジャー・ファクトリーを築いていく人材を採用していきます。詳しくはこちらの採用サイトをご覧ください!

「トレジャー・ファクトリー」の採用サイトはこちら

トレジャー・ファクトリーがどんな企業か少しイメージできたでしょうか。当社では新規出店や事業拡大につき、新しいメンバーを募集しております
皆さんとお会いできるのを、楽しみにしています!



リユースビジネスのこと、トレジャー・ファクトリーがどんな企業かを少しイメージできたでしょうか。

当社では新規出店や事業拡大につき、新しいメンバーを募集しております。
詳しくはこちらの採用情報をご覧ください!



この記事を書いたひと


※こちらの記事の内容は原稿作成時のものです。
最新の情報と一部異なる場合がありますのでご了承ください。