お疲れ様です!

「トレファクスポーツ」の三芳店にて、アシスタントマネージャー(副店長)として勤めている湯川将太(ゆがわしょうた)と申します。

トレファクスポーツは、トレジャー・ファクトリー(トレファク)が運営するスポーツ・アウトドア専門のリユースショップ
トレファクスポーツ三芳店

トレファクスポーツは、トレジャー・ファクトリー(トレファク)が運営するスポーツ・アウトドア専門のリユースショップです。新卒で入社し、トレファク歴は今年で4年目になります。

小さい頃からバスケ一筋の人生を歩んできましたが、大学で「スポーツに携わる仕事に生涯関わりたい」と決意し、現在はその夢を叶えるべく、トレファクスポーツで楽しく仕事をしています。

今回、記事でお話させていただくテーマは、

スポーツに打ち込んだ自分が、なぜリユースショップで働くことに興味を持ったのか

です。

ちょっと長くなってしまいますが、学生生活にスポーツに打ち込んだことのある人にとっては、少しでも参考になる内容になるんじゃないかなと思います。

ちなみに今こうして喋っている間もまだ・・・

人差し指上のバスケットボールは、地球の自転と同じ方向で回り続けております

人差し指上のバスケットボールは、地球の自転と同じ方向で回り続けております。

というわけで、よろしくお願いします!

私のバスケ人生、後の日本代表の先輩として始まる

現在は地域のクラブチームに所属
現在は地域のクラブチームに所属し、中学校の体育館で夜間練習
私が好きなNBAチーム「ゴールデンステイトウォーリアーズ」モデルのバッシュ
高校生の頃から愛用しているボールと、私が好きなNBAチーム「ゴールデンステイトウォーリアーズ」モデルのバッシュ

バスケットボール(以下バスケ)をはじめたのは、小学4年生からです。

当時は福岡県に住んでいましたが、地元でも有名なミニバスケットボールクラブに所属していました。後輩には後に日本代表に選ばれる子もいたんですよ!

中学生になると父親の仕事の関係で、神奈川県の青葉台に引っ越しました。その後地元の中学校、高校に進学し、バスケット付けの毎日でした。ちなみにポジションはポイントガードでした。

大学には一般入試で入学し、専攻では英語を専門的に学びました。学び以外の時間では、バスケサークルでも積極的に活動しました。趣味で楽しむレベルのバスケサークル、高校までの経験者が集まるバスケサークル、インカレのバスケサークルと3つも掛け持ちしてました。

大学の1、2年は今思うと人生で1番バスケをやっていたし、変なプレッシャーもなく1番楽しんでいた時期かもしれません笑

アメリカの大学で、本場のバスケを知る

大学のカリキュラムで、アメリカのアリゾナ州にある州立大学(ASU)に約4ヶ月語学留学しました。この体験が、私の人生で非常に大きかったです。

アリゾナ州にある州立大学(ASU)に約4ヶ月語学留学
アメリカの大学で、本場のバスケを知る
バスケットコートは一体何コートあったんでしょう
留学中の懐かしいスナップ写真

留学中は言葉についてはもちろんですが、さまざまなことでカルチャーショックを受けました。

まず大学の広さ! 村を超え、町のようでした。

アメリカにある大学でも3番目に大きな大学だったそうなんですが、バスケットコートは一体何コートあったんでしょう。多少盛ってお話させていただくと、1人1コートぐらいの数はありました笑

地元住民が一体になってのバスケ愛のようなものも、羨ましかったですね。NBAの「フェニックス・サンズ」というチームがあるんですが、何度も試合に足を運び、ハイレベルなプレーの応酬と観客の盛り上がりに大興奮しました。

スポーツって、コミュニケーション言語なんだ

留学先の大学では、地元の学生や日本以外の国からの留学生といっしょにバスケをする時間もたくさんありました。

そのとき強く感じたのは、

「スポーツは国際言語であり、万国共通のコミュニケーション言語である」

ということ。

スポーツって、コミュニケーション言語なんだ

言葉がわからなくても、パスの強さやアイコンタクト、ゴールが決まった後のガッツポーズなどで、きちんと意思疎通できるんですよね。地元のアメリカ人の学生とも、同じ留学仲間のヨーロッパ各国の学生とも、韓国人の学生とも、サウジアラビア人の学生とも。

英語を学ぶための語学留学でしたが、英語以上の世界共通言語、スポーツについてまさしく身体で学んだんです。

「俺がやってきた、スポーツの経験は、そういうことだったのか。I got it !」

この体験は自分にとって非常に大きなもので、これをきっかけに「スポーツに携わる仕事がしたい」と強く、心から思うようになりました。

留学先から帰国後は、地元の近くにあるスポーツショップでのアルバイトをはじめました。

留学先から帰国後は、地元の近くにあるスポーツショップでのアルバイト

そこではバスケットボールコーナーの担当をやらせてもらったんですが、お客様とコミュニケーションをしていて感じたのが、「自分のスポーツ経験を付加価値として提供できる面白さ」です。

これからバスケをはじめようとしている中学生に、初心者が揃えた方が良いアイテムをアドバイスしたり、ポイントガードで伸び悩んでいる子に、自分がこれまで履き替え購入してきたバッシュについて教えたり、バスケ好きの社会人の方に、その人が好きそうなチームの新デザインのユニフォームを選手のエピソード付きで一早く紹介したり・・・

こうして自分のバスケ経験をふまえて接客をさせていただくと、お客様は本当に満足してくれるんですよね。購入や再来店につながりやすいことがわかりましたし、何よりも自分も仕事をしていて楽しかったです。

「接客を通してのスポーツに携わる仕事って面白いぞ。I got it !」

そんなわけで、スポーツショップでのアルバイト経験を通して、自分の将来が見えてきたというわけです。

スポーツショップの接客、実はかなりの違いがある

大学3年生になり就職活動をスタート!

スポーツと接客に関わりのある仕事をメインに、色々な企業にエントリーさせていただきました。

スポーツショップの接客、実はかなりの違いがある

説明会やインターンシップ、面接などで情報収集させていただく中で感じたのは、接客業にも色々な種類があるんだなということでした。そして、そんな中でも、自分にぴったりと思う接客ができそうなのが、「リユースショップ」でした。

ノーマークの選手に、大分遠目の位置からキレイなフォームで3ポイントシュートを決められた気分・・・とでもいいましょうか。

以下はあくまで私の印象となりますが、就職活動を通してこんな風に思いました。

メーカー系のスポーツショップでの接客は、自分の経験を積極的に売り込むというよりかは、ブランドの世界観を体験してもらう場所というイメージ。どちらかというと、自分の経験を付加価値として与えることに興味があったので、面白そうだけど、ここでいいのかなという不安がありました。

全国に展開するチェーン系のスポーツショップも検討しました。アルバイトとして働かせていただいたときは、面白かったんですが、店舗の接客はアルバイトの人に任せるという感じで、社員はそのマネージメントが中心になるようなイメージでした。また売り場づくりも、本社の意向というのが結構強い印象です(これはメーカー系のスポーツショップも同じ)。

特定のスポーツに特化した専門店にも話を聞きました。自分の経験を積極的にお客様に提供することはできそうですが、1つ問題なのが、その店が自分の経験したスポーツであるかということ。例えば、私が陸上の専門店のスタッフになっても、陸上選手としての経験が私にはないので、最初は戸惑いそうかなと思いました(未知なるスポーツへの挑戦も、もしかすると面白いかもしれないんですけどね)。

そんな中、最終的に私の選択肢に残ったのが、トレファクスポーツというリユースショップでした。

最終的に私の選択肢に残ったのが、トレファクスポーツというリユースショップでした

メーカー系のスポーツショップと違って、一つのブランドに囚われず、さまざまなブランドを横断的に楽しめる売り場を作ったり、自身の経験をお客様に提供できます!

毎日さまざまな一点物が入荷し、日々新鮮な気持ちで売り場作りを楽しめます。話を聞くと、現場の店長やスタッフに与えられる裁量が大きく、売場づくりも自分なりの視点で創意工夫ができるとのこと!

さらに、扱うスポーツのジャンルも多彩です。自分の好きなバスケに限らず、他のスポーツアイテムにも楽しく触れることができます。また、スポーツアイテムにはユニフォームやシューズなどにヴィンテージアイテムがあり、そういうモノたちとの出会いも、新品のショップにはない面白さ!

ここまでいくと、もう頭の中はトレファクスポーツ一択ですよね!

もう頭の中はトレファクスポーツ一択

面接ではこうした熱い想いを、手取り足取り120%の力でお話させていただき、お陰様でトレジャー・ファクトリーから内定をいただくことができました。うれしいことに、トレファクスポーツとしての新卒採用は私が第1号。大変誇らしいことです!

「LAKERS コービーブライアントのユニフォーム」
本日の三芳店の掘り出し物①「LAKERS コービーブライアントのユニフォーム」:こちらコレクターズアイテムです。新品のお店にない良いモノと出会えるのもリユースショップの醍醐味です
スポーツ・アウトドアのアパレルアイテムもトレファクスポーツは得意
本日の三芳店の掘り出し物②「ノースフェイスの多彩なウェア類」:スポーツ・アウトドアのアパレルアイテムもトレファクスポーツは得意。ノースフェイスはどの店も充実していると思います
キャンプ用品のヴィンテージに興味が出たら、買物も買取もトレファクスポーツへ
本日の三芳店の掘り出し物③「ヴィンテージランタン」:キャンプ用品のヴィンテージに興味が出たら、買物も買取もトレファクスポーツへどうぞ! 写真にあるPHOEBUSの希少ランタン、見たことあります?

んん、あれれ・・・ということもありましたが

入社して実際に店舗に配属され、トレファクスポーツの仕事で一番のギャップを感じたのは、「あれ、キャンプのことばっかりやってる?」ということでした。

トレファクスポーツの仕事で一番のギャップを感じたのは

トレファクスポーツの各店舗では、スポーツ用品はもちろんですが、キャンプ用品もたくさん取り扱っています。売り場面積的には、かなりざっくりと言うと1:1程度でしょうか。

しかし、商品が買取で入ってくるスピード、またその商品がお客様に売れるスピードを比較すると、キャンプ用品は圧倒的に回転が早いです。そのため、必然的にスタッフがキャンプ用品に触れる機会は多くなるというわけです。

最初は、もっとスポーツのことに触れたいと、正直思いました。

夜な夜な思い悩むこともありました。

・・・が、結論を言うと、今は気にならなくなっています。

キャンプのプロセスは、スポーツと同じ!

なぜかというと、キャンプって、言ってみればスポーツなんですよ。

経験すればするほど上達できる技術があり、挑戦できることや、楽しめる世界も広がっていく。アイテムを揃えるのも楽しいですよね。そして、自然との実戦を楽しむべく、何度も何度もキャンプ場に通う・・・

これってバスケをはじめ、スポーツ一般の楽しみ方とまるで変わらないんですよ。つまりはそういうことだったんです。

キャンプのプロセスは、スポーツと同じ!

実を言うと私、社会人になってからのキャンプデビューですが、今ではどっぷりハマっています。もしかするとバスケと同じか、それ以上に。

私がキャンプをいかに好きで、いかにしてキャンプ沼にはまるようになったか・・・については、ちょっと予定の文字数がオーバーをしてしまいそうなので、割愛させていただきますが笑、私がお伝えしたいのは、他のスポーツショップと比較して、トレファクスポーツで働くと、キャンプという新たなスポーツを楽しめるようになるということです。

打ち込めるスポーツの種類が増えれば、それだけ人生が楽しくなると思いませんか。

そして今私は、自分のキャンプ経験を活かしながら、お客様にさまざまなキャンプ用品を紹介しています。

バスケでやろうとしていた「自分のスポーツ経験を付加価値として提供できる面白さ」を、キャンプというスポーツを通しても楽しく実践できているのです。

静岡県にある竜洋海洋公園オートキャンプ場に行った時の写真
静岡県にある竜洋海洋公園オートキャンプ場に行った時の写真。個性的なテントを始めて使用したこと、また夜明けのしびれるように美しい空模様が思い出深いです
元々は既製品でしたが、さまざまにカスタムして作り上げました。わたしの持っているキャンプ用品の中で1番のお気に入りアイテム
私が現在使用しているチェアがこれです。元々は既製品でしたが、さまざまにカスタムして作り上げました。わたしの持っているキャンプ用品の中で1番のお気に入りアイテム
千葉県にある森のまきばオートキャンプ場にて
千葉県にある森のまきばオートキャンプ場にて。トレファクでできたキャンプ仲間と一緒に行き、各々で持ち寄ったアイテムを使いながら、「映える」おしゃれ写真にチャレンジして遊びました

トレファクスポーツでできること、まだまだたくさんあるよ

今は副店長という立場なので、早く店長になり、自分の思う店作りを形にしたいです。

最初は色々と戸惑いやハードルがあるかと思いますが、「遊びの追求」というトレファクスポーツのコンセプトを、自分なりに実践していきたいです。そして、私の店ではバスケ用品を他店以上に圧倒的に充実させるぞ、というのが隠れた野望です笑

将来的には、店舗の運営とはちょっと視点が変わりますが、リユースアイテムをリメイクして販売するPB(プライベートブランド)を形にしてみたいです。

↓ 最近、トレファクスポーツでこんな取り組みを行いました。

お客様の不要になったテント・タープを材料に、世界に1つしかないエコバッグを作るというものですが、自分的にとてもワクワクするものでした。

トレファクスポーツの店舗だけでなく、さまざまな所からリユースアイテムが集まる



トレジャー・ファクトリーには、トレファクスポーツの店舗だけでなく、さまざまな所からリユースアイテムが集まる仕組みがあります(トレファクの強みの一つです)。

そんな中、お店で売れないようなモノにもリメイクで付加価値をつけることができれば、それこそSDGsの視点にもつながりますし、とても素敵な取り組みになると思います。

まだ、頭の中で色々と空想している状況でしかありませんが、ちょっとでも可能性がある限り、それを諦めるべきではないということを、長年のスポーツ経験から学びました。また、挑戦をし続けることで、見えてくる別の素敵な景色というのもあります。

これからもトライ&エラーを繰り返しつつ、ときにはバスケとキャンプでリフレッシュもしながら、楽しく仕事をしていきたいと思います。

人生は楽しまなきゃ!

スポーツをずっとやってきて、その経験を活かしたいと思われている方がいらっしゃいましたら、トレファクスポーツはとても面白い環境だと思います。まずは、店舗にいらしてトレファクスポーツの楽しさを少しでも肌で感じてもらえれば、とても嬉しいです!



※こちらの記事の内容は原稿作成時のものです。
最新の情報と一部異なる場合がありますのでご了承ください。


リユースビジネスのこと、トレジャー・ファクトリーがどんな企業かを少しイメージできたでしょうか。

当社では新規出店や事業拡大につき、新しいメンバーを募集しております。
詳しくはこちらの採用情報をご覧ください!




この記事を書いたひと