あなたならどんな店舗を作りますか?

前回の記事よりお時間が経過してしまい、大変申し訳ありません。

これでは人気ブロガー失格ですね。。(まだ1回しか投稿していないやん)

あなたならどんな店舗を作りますか?

私が愛読する【Kの部屋・スラムダンクの続きを勝手に考えてみる】の編集者・Kさんは多忙にも関わらず週2回更新。。

まだまだだね。。。(You still have lots more to work on…)

前回の記事に続き、今回は入社してからのお話です。

入社してからを一から語ると終わらないので、【店長としてのおもしろさ】をテーマにお話させていただきます。

【店長としてのおもしろさ】をテーマにお話させていただきます


リユースショップ「トレジャー・ファクトリー(以下、トレファク)」。当社の店舗業務と関わりの深い役職は以下の通りです。

社員
 ↓
副店長
 ↓
店長(店舗の責任者)
 ↓
エリアマネージャー(複数店舗の責任者)

社員として入社し、経験を積み、副店長→店長を目指します。

トレファクの花形は、間違いなく店長です。(翔陽のセンターではありません)

トレファクの花形は、間違いなく店長です。(翔陽のセンターではありません)


私は入社して7年で店長に昇進しました。

社員3年
 ↓
副店長4年
 ↓
店長4年
 ↓
エリアマネージャー(現在)

もちろん、アルバイトから社員になった方もいます。アルバイトから社員になり、店長として活躍している方もいます。

アルバイトから社員になった方もいます

前回もお話しましたが、トレファクは店舗によって千差万別です。

他社は、全国どこの店舗に行っても、同じ印象。
当社は、全国どこの店舗に行っても、違う印象。

他社は、良くも悪くも個性がない。
当社は、良くも悪くも個性がある。

店舗を通じて自分の個性が出せる。

【自分の個性=店長の個性】です。

トレファクの店長の最大の魅力は、自分の店舗を作れることです。

ブランド、生活雑貨、食器、贈答品、洋服、バッグ、家電、家具、スポーツ、アウトドア、楽器、おもちゃ、ホビー、貴金属、お酒 … etc.

トレジャーファクトリーの多種多様なカテゴリー

多種多様なカテゴリーを組み合わせて、売上を構成していく。どのカテゴリーでどれだけ売るのか、どのカテゴリーを伸ばすのか、勝負するのか。

店長は毎月数千万円の数字を管理することになります。

それだけ売るにはどれだけの在庫が必要か、どれだけ買い取らなければならないか。

売上 = 在庫売価 × 回転率

いかに在庫を増やして、商品を回転させて、売上を立てるか。先々を見据えて、どう在庫の見立てをするか。

トレジャーファクトリー 年間MVP店長

トレファクの予算は【販売・買取・売上総利益】の3つの予算があります。

一般小売では、【買取】の予算は存在しません。いくら売れたとしても、買取が伴わなければ結果が出たとは言えません。一般小売は、欲しいものを発注すれば集めることができます。

売れれば売れた分だけ、補充が出来る。仕入れたら仕入れた分だけ、売上を伸ばせる。

リユースショップは、欲しいものを自分たちで集めるしかありません
(昔はデジカメで撮影していました、懐かしい)


これに対し我々リユースショップは、欲しいものを自分たちで集めるしかありません。

売るものがなければ、売上が立たない。

どれだけ買取を増やせるか、いかに売れ筋の商材を集められるか。販売だけでなく、買取(仕入)も考えて、店舗を運営していかなければならない。ここが醍醐味であり、リユースショップのおもしろいところ。


毎日数百点の商品を買取し、毎日数百点の商品が売れていく。

毎日違うもの、知らないものとの出会いがあり、だからこそ飽きない。

日々が勉強であり、時にはお客様とお話しながら教えていただくことも。。たくさんの商品を扱うため、我々バイヤーもすべてに詳しい訳ではありません。お客様の方が詳しいことは、往々にしてあります。

リユースショップのおもしろいところ

そういった機会こそ学ぶチャンスであり、その繰り返しでこそ、バイヤースキルは向上します。

買取にてリピーター様を獲得できた時は、特にバイヤー冥利につきますね。

「売るのは簡単だが、集めるのは難しい」

まだ副店長だった頃、当時の店長の言葉は今も覚えています。




私が店長として目指したのは、【古き良きものの魅力を伝えられるお店】です。

【古き良きものの魅力を伝えられるお店】

それは、私が古着が好きだから、というのが根底にはあります。

他社では評価しきれない、古くて価値のある商品をきちんと評価する。古着が好きな人は、たいてい古いもの全般が好きです。古着、家具、アメリカ雑貨、レトロ雑貨、アンティーク家具。

古着、家具、アメリカ雑貨、レトロ雑貨、アンティーク家具

元々古着に興味があった私は、当社に入社したことで、洋服以外の古き良きものを知ることが出来ました。

例えばそのまま古着屋に入ったとしたら、家具などには触れることが出来なかったかもしれません。こういった多種多様な商材との出会いも、非常に魅力的で刺激的でした。




好きなものに囲まれた仕事は、非常に楽しいです。

しかし、好きなものだけで、売上の構成全てを構築することはできません。

トレファクの総合事業における売上の主力となるのは、【家具・家電】です。リユース業界にて、トレファクは家具家電部門業界第1位です。

トレファクは家具家電部門業界第1位


こういったメインとなるカテゴリーと共に、どれだけ他のカテゴリーで個性を演出できるか。

私はここで言う【他のカテゴリー】にこだわりました。それが店舗の個性となり、店舗の魅力となるからです。

【売れる在庫】と【魅せる在庫】

売れる在庫だけではつまらないし、他社と変わらない。魅せる在庫だけでは一般的な売れ筋ではないため、売上に繋がりづらい。

この絶妙なバランスが非常に重要であり、腕の見せ所でもあります。



店長としてこだわったのは、他のリユースショップとは違った、「あ、この店わかっているな」というのが伝わる陳列やディスプレイです。

一般的に小売りが顧客を増やすための要素は3つあります。

● 【店舗】
● 【外観】
● 【口コミ】

この中で私がこだわったのは、【店舗】でした。

良いものを目立つ位置、目立つ場所に展示する。そうすることで、より多くのお客様の眼に留めてもらう。良いものと良いものを、組み合わせて展示する。

「これが好きな人は、これも好きなのではないか」という考えの元、商品を組み合わせることにより、相乗効果で魅力を増す。

商品の組み合わせで、相乗効果で魅力を増す

トレファクというリユースショップは、幅広い取扱品品目があるがゆえに、考えうる組み合わせは無限にあります。

メーカーのように変な規約や制限がなく、固定概念を壊して自由にディスプレイを作成できるのも、トレファクの魅力です。

魅力的な売場を作成し、「わかっている感」を演出する。

売場から買取を呼び込み、店舗が欲しい商材を強化買取する。
 ↓
欲しい商材が増えることにより、魅力的な売場となる。
 ↓
選択肢が増えることにより、商品の回転率も上昇する。
 ↓
売れることがわかれば、買取も強気に支払うことが できる。

こういった良い循環を、私は店長として非常に大切にしていました。


トレファクの店長には、様々なタイプが存在します。

買取を集めるのが得意な店長
● 家具家電が得意な店長
● 売場作りが得意な店長
● 人をまとめるのが上手な店長

店長により、売り方や考え方は千差万別です。大切なのはもちろん、結果を出すこと。

店長により、売り方や考え方は千差万別

そのためのプロセスや、アプローチの仕方に正解はありません。

自分のやり方、自分の理論、自分の考え。自分で決められるからこそ、そこに責任感が生まれる。

当社で定められている行動指針のポリシーに、「出来るか出来ないかではなく、やると決めて行動します」という言葉があります。

店長として、自分の店舗を持てること。店長として、自分のやり方で結果を出すことの達成感。

もちろん、店長になるためには絶えまぬ努力が必要です。

ただ、店長になったその先でしか、見えない景色があります。

店長になったその先でしか、見えない景色があります

好きなことなら頑張れるとの思いでトレファクに入社し、今では心から良かったなと感じています。好きだからこそ頑張れたし、ここまで来れたのかもしれません。

”好きこそ物の上手なれ”

何事も楽しむことができれば、これ以上に成長できることはありません。

―気になるエリアマネージャー編は次回の記事で!!(つづく)

※こちらの記事の内容は原稿作成時のものです。
最新の情報と一部異なる場合がありますのでご了承ください。


リユースビジネスのこと、トレジャー・ファクトリーがどんな企業かを少しイメージできたでしょうか。

当社では新規出店や事業拡大につき、新しいメンバーを募集しております。
詳しくはこちらの採用情報をご覧ください!


この記事を書いたひと