もはや生活の一部となったSNSは、仕事の選び方にも影響を及ぼしつつあるようです。

多様な働き方の調査研究機関「ツナグ働き方研究所」が9月27日、学生を対象に実施した「SNS映えしそうなバイト先」についての調査結果をまとめ、そのランキングを発表しました。結果は以下の通りです。

● 学生が選ぶSNS映えしそうなバイト先
  • 1位  スターバックスコーヒー ※昨年3位
  • 2位  東京ディズニーリゾート ※昨年1位
  • 3位  ユニバーサルスタジオ・ジャパン(USJ) ※昨年4位
  • 4位  コメダ珈琲店 ※昨年5位
  • 5位  ドトールコーヒーショップ ※昨年圏外
  • 6位  IKEA ※昨年30位
  • 7位  カルディコーヒーファーム ※昨年6位
  • 8位  無印良品 ※昨年7位
  • 9位  スープストックトーキョー ※昨年2位
  • 10位 DEAN & DELUCA ※昨年9位

※調査概要
・調査期間:2019/4/19~2019/4/25
・調査対象:業種を問わずアルバイト・パートとして求職経験が2年以内にある求職者または現就業者、全国の高校生/専門学校生・短大生/大学生・大学院生149人
調査方法:インターネットによるアンケート
※調査結果の出典元はこちら

1位のスターバックスコーヒーに投稿した回答者からは、「コーヒーを学んでみたい(20代女性)」「カップにイラストを描いてみたい(10代女性)」といったコメントも寄せられました。

1位はスターバックスコーヒー、2位が東京ディズニーリゾート、3位がユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)という結果に。上位には写真映えする環境が整っているテーマパークやカフェの会社が並びました。また、6位のIKEAは昨年30位からの大幅ランクアップとなっています。

「SNS映えしそうなバイト先ランキング」に関するSNSでの声




この記事を書いたひと


※こちらの記事の内容は原稿作成時のものです。
最新の情報と一部異なる場合がありますのでご了承ください。