リユースショップで働いていて難しいと思った仕事の一つは、売り場づくりVMDです。

VMDについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。



なぜ難しいのか?

それは取り扱い商品が一点物だからです。

VMD例1
リユース品はすべてが一点物


普通の小売店であれば売り場の商品が売れたら、裏にある在庫をまた売り場に出せばよいのですが、リユースショップでは商品が一点物なので同じものの在庫がないんです!

例えば、マネキンに着せていたニットが売れたとします。

そうしたら、それと同じ在庫はないので、 もう一度コーディーネートを考えるんです。大変に思われるかもしれませんが、実はここが仕事の中で面白さを感じる楽しい瞬間になっています。さらに、リユースショップですから取り扱いブランドに制限がなく、色々な組み合わせを自由に考えることができます!

VMD例2
何度も自由にコーディネートを考えることができるので、発想力が鍛えられます!


ブランドもアイテムも様々な商品を使い、 自由に売り場を作れるとなると

「どうやって作ればよいのかわからない」
「何を組み合わせれば魅力的に見えるのか」

など、自信がない人にとっては不安に思うかもしれません。

そんな人は、当社自身の店舗のVMDを参考にすればいいのです。

VMD例3

VMD例4

VMD例5


トレジャー・ファクトリーでは、売り場作成については店舗スタッフで決めているので、自分たちのアイディアで売り場を作っていけます。そのため、どの店舗でも同じ売り場はなく、100店舗あったら100通りの売り場ができあがるんです。

売り場を作る様子
自分たちのアイディアで売り場を作っていきます


さらにトレジャー・ファクトリーが運営する古着業態「トレファクスタイル」では、毎月、自分たちの店舗の売り場を共有するVMD共有がなされています。

どんな売り場を作るか困ったときや他店の売り場を参考にしたいときはこれを確認すればすぐに良い売り場を見ることができるんです。

VMD例6
各店のこだわりの売り場を見ることができます!


商品の種類が通常の小売店よりも圧倒的に多いリユースショップで働いていると
VMDのスキルはどんどん磨かれていきます!

自分のアイディアを活かして働きたい方にはピッタリな職場だと思います!

トレジャー・ファクトリーの働き方に興味がある人は、こちらの採用サイトもご覧ください!

http://www.treasurefactory.co.jp/recruits/

この記事を書いたひと


※こちらの記事の内容は原稿作成時のものです。
最新の情報と一部異なる場合がありますのでご了承ください。